がん治療の費用

スポンサーリンク

2013年12月04日

がん治療の費用

“がんの治療にかかる費用”と言えば、何となく「高い。超高額!」のイメージですよね。

しかし、やはり、“金額/費用”は気になるところ。

ケースバイケースで、一概にいくら、とは勿論断言できませんが、以下を参考にしてみてください。

“がんの治療”も、他の病気やケガと同じく、病院の窓口で保険証を提出し、保険適用内で行うのが普通です。

そのため、かかった治療費の3割(人/保険証によっては1割)を支払えば良いのです。

主ながん治療の平均入院日数と治療費の目安としては、

・気管支がん及び肺がん:11.5日、約13万円

・乳がん 12.2日 約18万円

・直腸がん:16.8日、約23万円

・胃がん:20.2日、約25万円

・結腸がん:19.9日、約28万円

などとなりますグッド(上向き矢印)

イメージしているほど、思っているほど、実際はかからないんですね。

しかし、これはあくまでも“平均データ”で、治療方法やがんの進行具合などによって費用は変わってきます。

手術をしたり、入院が長くなれば、やはり、その分高くなります。

また、早期のがんなら、治療計画が立てやすく、費用もあらかじめ予測できますが、進行がんの場合、症状に合わせ、その都度効果のある治療をするので、計画は立てられず、どうしても高額になると思っておいてください手(パー)

因みに、「がん治療全般に関わる費用は総額いくらだったか?」というある保険会社の調査では、回答として、「50万円程度が38%、100万円程度が32%」と出ています。

全体的に言って、50万円〜100万円が約7割を占めている、と覚えておきましょう。


posted by ガン治療で生還したゆみこ at 11:07| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
スポンサーリンク

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。