がんの代替療法

スポンサーリンク

2013年12月09日

がんの代替療法

“代替療法”とは、“代替”という言葉から分かるように、「通常治療の代わりに用いられる治療法」のことですね。

元々、体に備わっている“自然に病気を治す力”を強くし、がんやがんに伴う症状を和らげるのですパンチ

具体的な方法には、

@伝統医学
漢方薬、鍼灸、気功、アーユルヴェーダ(インド医学)、チベット医学、自然療法、温泉療法など

A整体療法
マッサージ、指圧、柔道整復、カイロプラクティック、リフレクソロジーなど

B食物療法
ライフスタイル改善療法、食事療法・ハーブ、アロマテラピー、健康補助食品、機能水など

C心身療法
精神療法、心理療法、催眠療法、瞑想、カウンセリング、サポート療法、芸術療法、音楽療法など

Dその他の療法
磁気療法、エネルギー療法など

以上のような方法がありますが、がんを治すことが主目的ではない、上述しましたように、あくまでも“代替”ですので、これだけでは、がんを治すことはできないことはおさえておきましょう。

海外では、代替療法は、効果や安全性が評価され、三大療法を補う治療法として、積極的に取り入れられていますが、日本では、現在、どの代替治療が有効なのか、本当に有効なのかなどを証明したデータがない状況なんですねダッシュ(走り出すさま)

yjimage.jpg


医者が個人的に編み出した療法が、本などで出版されていることは多いですが、中には、サプリメントなど、悪徳業者が販売している、ということもありますので、気をつけましょう。

また、代替療法を受けたくても、現在受けている治療と一緒に行うと良くない場合もありますので、主治医とよく相談(可能かどうか。どの方法が良いかなど)するようにしてください。

ただ、今の所、よく認知されていることは、

ビタミンEのサプリメント→がんの進行を遅らせる(特に、前立腺がん)

鍼灸→薬物療法による吐き気・嘔吐、がんや治療による痛みに効果的

マッサージ→リンパ浮腫、精神的不安、吐き気に効く

などということですグッド(上向き矢印)

“代替療法”は、自然治癒力・免疫を高めるには良い方法ですので、興味があれば、まずは医師に相談してみましょう。



posted by ガン治療で生還したゆみこ at 07:08| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
スポンサーリンク

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。