抗がん漢方の天仙液

スポンサーリンク

2013年12月12日

抗がん漢方の天仙液

“天仙液”(てんせんえき)は、簡単に言うと“抗がん漢方薬”のこと、天然漢方生薬だけの配合・処方で作られた中国の医薬品です。

元々は、“複方天仙膠嚢”(ふくほうてんせんこうのう)=“天仙丸”という中国政府認可済みの抗がん漢方薬があるのですが、それを、最新科学技術によって更に効果を高め、液体に改良した、最新の漢方薬なんですね。

top_main6_h.gif


その“天仙液”ですが、6000種類以上あるといわれる漢方生薬の中から、漢方理論、医学・科学理論に基づいて長年研究がなされ、20種類以上の貴重な漢方生薬を厳選し、それらの相乗効果で次のような効果があります。

・抗腫瘍作用(腫瘍の縮小、がん細胞増殖の停止、がん細胞の発生を抑止・抑制など)

・身体機能改善作用

・免疫増強

・がんの改善、回復効果、延命効果

・がん特有の苦痛軽減効果、鎮痛作用

・西洋医療による副作用の軽減、相乗効果

・がんと共存しながら生活する質(QOL)の向上

などがあり、効果的にがん細胞を攻撃、“抗がん剤”の役割になっています。

“薬”ですので、全く副作用がないと断言はできないですが、その副作用は漢方薬の特徴的なことで、一時的なもの、深刻な副作用ではありません。

例えば、初めて“天仙液”を服用した際、天仙液の抗がん作用による“好転反応”が出る場合があり、胃腸の不快感、下痢、皮膚のできもの(湿疹)などが起こる人もいます。

しかし、これは、悪い毒素を体から排出に伴う軽い解毒作用の症状、徐々に体が慣れていけばおさまっていきますので、心配しないでください手(パー)

また、厚生労働省は“天仙液”を「海外の医薬品」と認知していて、今の所、国内の医薬品としての認可は受けていません(だから“民間療法)”。

日本国内では販売されていませんので、そこで、入手したい場合は、“個人輸入代行会社”を利用して、購入しましょう。

guide_1.gif


きちんと飲めば、それだけ効果も抜群、がんの民間療法を考えている人は、ぜひ“天仙液”を試してみてくださいグッド(上向き矢印)



posted by ガン治療で生還したゆみこ at 10:12| Comment(0) | 民間療法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
スポンサーリンク

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。