がんの温熱療法

スポンサーリンク

2013年12月13日

がんの温熱療法

“温熱療法”とは、体内にエネルギーを取り入れて熱源とし、それを利用して治療をする方法です。

がん治療で用いる場合、“高周波ハイパーサーミア療法”という方法になり、病院ではよく行われています。

この原理ですが、実は、人間の細胞は42.5〜43℃以上に温度が上がると急速に死んでしまいますので、体温が41℃以上に上がることはありません(体温計も普通、41℃までしか測れないようになっています)。

そこで、温熱療法”はこの原理を利用して、“がん”細胞の温度だけを上昇させて、“がん”を死滅させてしまおうという訳ですねパンチ

増殖中のがん細胞は、正常細胞に比べて、温度が常に少し高めになっていて、また、酸性に傾いていますので、弱酸性を保っている正常細胞より熱に弱いという性質があり、同じように熱を加えても正常細胞より温度が上がりやすく、冷めにくいことも分かってきています。

ですから、がん細胞の温度を42.5℃ぐらいになるように保つと、正常細胞は41℃ぐらいとなるので影響を受けず、がん細胞だけを殺すことができます。

p1.jpg


ただ、この“温熱療法”単独でがん治療に使われることは、今の所なく、手術療法、放射線療法、化学療法などの補助的治療の一環として行われていて、主に、進行がんや再発がんを防ぐ時に有効的ですね。

効果のあるがんとしては、比較的温めやすい部位にある、

・乳がん

・皮膚がん

・胸部のがん(食道がん、肺がんなど)

・下腹部のがん(子宮頸がん、膀胱がん、直腸がんなど)

などでよく使われています。

特に、体表面に近い“乳がん”や“皮膚がん”では、放射線療法と併用されることが多く、放射線だけで治療した場合より、2倍の縮小効果がある、と報告されていますわーい(嬉しい顔)

また、免疫力がアップしたり、運動能力がアップしたりすることもありますね。

副作用というものはほぼありませんが、治療中に、とても熱く感じたり、皮膚表面に軽いやけどをすることがありますので、治療中、熱いときは遠慮せず、医師に伝えるようにしましょう。

乳がんの治療で左の胸を温めると、心臓に影響し脈が速くなることがありますので、心臓病のある人や全身の衰弱がひどい人は、使用しないでください。

効果が良いと報告されていますが、部位や進行度などによって適合がありますので、まずは、病院や医師に相談しましょう病院



posted by ガン治療で生還したゆみこ at 09:09| Comment(0) | 病院での治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
スポンサーリンク

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。