がん治療の心がまえ

スポンサーリンク

2013年12月14日

がん治療の心がまえ

医師から「あなたは“がん”です」と告げられたら、誰でもショックを受けたり、不安を感じたりするはずです。

しかし、事実を告げられた直後はそうであっても、ずっとその気持ちのままでいるのはNGです。

“できるだけ不安を取り除く”こと、これががん治療のポイントですね手(パー)

つまり、「分からない。知らないことがある」→「不安になる」訳ですので、“何か分からないこと。知りたいと思うことは、何でも情報入手する”ことです!!

・がんになった原因

・これからの治療方法、治療期間や費用

・担当医師について

・がん全般についての知識

など、できるだけたくさんのことを知っておくと、安心感が増しますよね黒ハート

方法としては、

・担当医師に聞く

・病院のパンフレットや資料

・インターネット

・書籍

セカンドオピニオン(複数の医師の見解を聞く)

・実際に闘病した人の体験談

などがありますが、ここで注意が必要なのは、“正しい情報・知識”を得ることです。

今は、多くのがん情報があふれていて、中には間違った情報もありますので、できるだけ複数の媒体を利用するようにしましょう。

実は、こうやって情報入手しているということは、していること自体が、「がんに勝ちたい!治したい!」と前向きに考えているということ。

何よりも、これは大事なことですexclamation×2

正しい情報を得ながら、「絶対治すぞ!大丈夫」と強い精神力を保つ、これががん治療の心がまえだということです。


posted by ガン治療で生還したゆみこ at 10:10| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
スポンサーリンク

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。