スポンサーリンク

2013年12月07日

サメの軟骨でがん抑制

“サメ(鮫)”といえば高級食材としても知られていますが、その“軟骨”が様々な病状に効果的であると、最近分かってきました。

サメは“軟骨で成り立っている魚”(サンマやアジなど他の一般的な魚は硬骨魚)で、とても珍しい特殊な存在です。

しかも、サメは、高濃度の発ガン性の物質に入った水槽で飼育しても、絶対にがんにかかりませんexclamation×2

その理由は“軟骨”、サメの軟骨には、様々な成分が含まれているのですが、その中に、「ガン細胞の増殖に欠かせない新生血管の形成を妨害する」成分というのがあります。

bspowder_w300.gif


がん細胞も増殖するためには血管の形成が必要なのですが、それを抑えてしまえば、がん細胞も増えない、という訳ですね手(パー)

つまり、サメの軟骨の成分を、私たち人間の体に取り込めば、がん細胞の新生血管の形成が妨害され、がんも抑制されます。

外国のある病院では、末期がん患者10人に、1日30gのサメ軟骨を投与したところ、7人のがんが30〜100%縮小した、という報告が出ています。

ただ、このサメの軟骨には、乾燥させたものを粉末や錠剤にしたもの、液体状のものなどが売られていますが、大量に摂取しなくてはいけなく、飲み辛いんですよね。

最近は、濃縮タイプやエキスタイプもあり、少量でも十分な効果が得られるものも出てきています。

41NPRWKTJWL._SL500_AA300_.jpg


高額にはなりますが、粉末などよりは飲みやすく、こちらの方がおすすめです。

“サメの軟骨療法”を取り入れているクリニックもありますので、そういう所で相談するか、漢方薬局でも取り扱っている所がありますので、色々なタイプ・種類の中から、自分に合ったものを選ぶようにしてくださいグッド(上向き矢印)


posted by ガン治療で生還したゆみこ at 12:11| Comment(0) | 民間療法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月02日

がんに効くフコイダン

“フコイダン”とは、モズク、めかぶや昆布など褐藻(かっそう)類などのヌルヌル成分中に含まれている多糖類(食物繊維)のことですね。

“がん”に効くと有名ですが、アトピーや美容などにも有効であると、健康食品・サプリメントとして多く出回っていて、見聞きしたことがある人も多いかと思います耳

海藻類の中には、カルシウムなどのミネラルやビタミンなどの栄養素が含まれていますが、その他に、近年、ヌルヌル成分の中の“アルギン酸”にコレステロール抑制作用や血圧降下作用などがあると判ってきました。

ya_01[1].jpg


さらに、これ以外に、ヌルヌル成分の中に多く含まれることが判ったのがこの“フコイダン”で、特に、モズクには“硫酸化フコース”や“フコース”が多く含まれていて、この2つが、がんに有効的なんですね。

どのように有効的かと言いますと、がんを抑制する効果がある、しかし、副作用はない、という“副作用のない抗がん剤”のようなものです。

本当の抗がん剤の場合、正常な細胞まで殺してしまい、その為、副作用も大きいのですが、“フコイダン”は、正常細胞をより強化し、同時に、がん細胞に対してのみ攻撃する、というとても優れた性質を持っています手(チョキ)

fucoidan_z_all_512[1].jpg


この“フコイダンサプリメント”ですが、カプセルタイプ、液体(エキス)タイプ、顆粒タイプなど、各メーカーが様々出していて、市販のものから自分で購入するよりも、“フコイダン療法”を行っている病院や専門の医師の所で、相談するようにしましょう。

今や、きちんとした知識や資格がない悪徳業者が、無許可で販売しているものも多く出回っていて(金銭目当て)、そのようなものを服用しても無意味なだけです。

まだまだ“がんのフコイダン療法”を実践している病院や医師は多くはないですが、必ずいますので、近くにないか、まずは調べてみてくださいね手(グー)


posted by ガン治療で生還したゆみこ at 11:07| Comment(0) | 民間療法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月29日

プロポリスでがん治療

おそらく誰もが聞いたことのある“プロポリス”。

簡単に言いますと、ミツバチが採集してきた“木の樹脂”と“ハチ自身の分泌物”を混ぜ合わせてできた物質のことで、“天然の抗菌物質”とも呼ばれていますね。

47[1].jpg


主な成分としては、

・数十種類もの濃縮されたフラボノイド類

・ミネラル類

・アミノ酸類

・ビタミン類

・酵素類

・有機酸類

などで、何千〜何万という成分が含まれていますので“天然薬理物質の宝庫”と呼ぶ人もいて、昔から民間薬として世界各地で用いられてきましたグッド(上向き矢印)

主成分の一番目に挙げた“フラボノイド”ですが、これには、

・身体の酸化を防ぐ

様々な病気の要因とされている活性酸素を抑制し、全身細胞を活発にし、免疫機能を向上させる

・生命力や自然治癒力を強化する

などという効能があり、だから、プロポリスは“がんの民間療法”としてもよく利用されているんですね。

直接的に“がんを消す”という訳ではないですが、プロポリスを飲むことにより、

腫瘍マーカー(値)が下がる

・末期だと病院から見放されても、それ以上悪化しない

・抗がん剤の副作用が少なくて済む

などの効能があります。

pro[1].jpg


プロポリスと言っても、今は様々な種類・タイプがありますが、“がん治療”でおすすめなのは、

・シンプロポリスミナス(ナツセントロ社)

・プロポリス300(山田養蜂場)

・プロフィーラ ディスクタイプ(H+Bライフサイエンス)

・プロポリス濃縮粒元寿(森川健康堂)

などで、粒タイプや液状タイプなどがありますが、自分が「飲みやすい」と思う方でOKです決定

がんの治療や予防、どちらにも有効ですので、自分に合うタイプを飲み続けましょう。


posted by ガン治療で生還したゆみこ at 09:08| Comment(0) | 民間療法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサーリンク

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。